老齢年金とは受給資格が違う障害年金
障害年金の無料相談
名古屋で障害年金の申請代行ならオフィスアスチルベ。 障害年金に詳しい社会保険労務士が丁寧に対応します。 メール無料相談など詳しくはWEBで。
http://www.asuchirube.jp/

障害年金とは

老齢年金とは違い年齢制限のない障害年金は35歳で受給することもできます。

1年中半そで半ズボンでも平気な元気溌剌で健康な人々にはあまり縁の無い障害年金は、 持病を持っていたり大怪我をしやすい体質の人とその身内や親しい間柄の一部の人 でなければあまり耳にしたことのない言葉かもしれませんし、聞いたことはあるけど 人に説明できるほどには理解していない、という層も多そうです。 というわけでそれほど認知されていない障害年金ですが、内容を理解しておいて損を することはないのでこのサイトでは障害年金についで解説をしたいと思います。

続きを見る

障害年金の種類

2つのタイプがあります、それは障害基礎年金と障害厚生年金です。

多くの種類を持たぬ障害年金ですので、覚えておくべきことは国民年金を支払っている 人向けの障害基礎年金、厚生年金系の障害厚生年金だけでしょう。 障害基礎年金は障害の原因となる怪我や病気の診察を病院で受けた初診日が国民年金の 被保険者期間中であるケースにおいて支給される、と理解しておけばほぼ間違いないの ですが、20歳未満の男子や60歳以上の老女でも支給されることがあるので例外的 なことまで含めれば8割正解、ということになるでしょう。

続きを見る

障害手当金

一時金として支給される障害手当金というのもあるので要チェック。

お金が貰える予感がする名称の障害手当金ですがその勘は正解で、障害手当金とは 厚生年金の被保険者である期間中に障害の原因となった怪我や病気の初診日がある 場合に、その場限りの一時金として支給されるお金です。 今まで解説してきた障害年金なら毎年お金をもらえますが、この手当金は一時金なので 1回だけしか支給されることはありません。 何度も何度も毎年のように貰えるのなら普通に障害年金で間に合いますので、こっちは 別の扱いであると考えてもらった方が理解しやすいかもしれません。

続きを見る

障害等級

障害には1級とか3級とか等級が定められているのは常識ですよね。

ここまで障害年金について解説してきましたが、人体に残る障害について皆さんは どこまでのことを頭の中で想定して理解しようとお読みになってきたでしょうか。 すでに自分は障害年金を受給している、という人なら自身のおかれた状況を思い 浮かべていたかもしれませんし、今まで怪我ひとつない人生を送ってきた人なら経験 したことのない話なのでフィクションのドラマや映画の登場人物を思い出しながら、 当てはめて想像しながら理解しようと努力して下さったかもしれません。

続きを見る